函館市・北斗市・七飯町のほか、北海道渡島・檜山管内運送業許可申請は、わかば行政書士事務所にお任せください。

函館で運送業の許可取得をお考えの方へ役所手続に精通した専門スタッフがいるわかば行政書士事務所にお任せください。
無料相談運送業の許可申請をしたい変更・更新の申請をしたい運送業に関する各種申請の相談をしたい
スピード重視最短での許可取得を致します迅速かつ丁寧な対応運送業に関する他の手続きにも対応
アフターフォロー取得後の変更・更新手続きもサポート経験豊富なスタッフによるサポート
まずはお気軽にご連絡ください。
運営:わかば行政書士事務所 代表 中村拓哉
運送業許可申請についてのお悩みにお答えします。 運送業許可要件チェックサービス

申請の流れ

運送業の許可は、各種別によって多少前後したり、若干違ったりしますが、概ね以下の流れで行われます。
※軽貨物と個人タクシーは、流れが違うので別に説明しています。

unsou4

1.運輸支局へ申請

管轄の運輸支局へ許可を申請しますが、その前に数多くある許可要件に適合しているか確認し、必要書類を揃えてから申請します。

2.審査(法令試験)

審査は運輸支局で事前審査(書類チェック)が、運輸局で本審査が行われます。
特定旅客自動車運送事業以外では、審査の前後に法令試験があり、申請者か専従する常勤役員1名(一般貸切旅客自動車運送事業では代表権を有する常勤役員)が合格しなくてはなりません。

3. 許可(登録免許税交付)

審査と法令試験に問題がなければ、許可証が交付されます。

種別によって定められた登録免許税を納付します。

4.運行・整備管理者選任等届出

法律で義務付けられる、運行管理者と整備管理者を選任して届け出ます。
届出は許可後ですが、申請の時点で選任する計画がないと許可されないので、人員の確保は事前に必要です。

5.運送約款の認可申請と認可

国土交通省の標準運送約款を使用するときは、認可は不要ですが、独自の運送約款を設定する場合は、認可が必要になります。

6.車両の登録

営業ナンバーを得るために、事業用自動車等連絡書の交付を受けます。
この連絡書は、申請が完了した証明になり、営業ナンバーを得るために必須です。
申請の審査と車両登録の部門が異なるために、審査を行う部門で連絡書に経由印を押してもらい、登録部門に提出します。

7.運賃及び料金設定届出

運賃・料金の設定表を届け出ます。
距離制、時間制、定額制といった運賃の設定を、車種・距離・時間などに区別して設定します。

8.運輸開始の届出

運輸開始の届出をして営業を開始できます。

軽貨物の届出

軽貨物(貨物軽自動車運送事業)の場合は、届出で済むために手続きは簡便で、書類に不備がなければ即日で審査は終わります。

unsou5

1.運輸支局に届出

事前に許可要件を確認し、貨物軽自動車運送事業経営届出書、運賃料金設定届出書を提出します。
他には車検証のコピー、事業用自動車等連絡書が必要です。

2.連絡書の発行

届出に不備がなければ、運輸支局に事業用自動車等連絡書の経由印を押してもらいます。
この連絡書がないと黒ナンバーの取得ができません。

3.黒ナンバー取得

黒ナンバーは軽自動車検査協会で取得します。
その際に、事業用自動車等連絡書が必要になるため、先に①②の手順を踏まなくてはなりません。

4.事業開始

軽貨物では事業開始の届出が必要なく、すぐに事業を開始することができます。

運送業許可申請についてのお悩みにお答えします。 運送業許可要件チェックサービス